Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://omoitatta.blog67.fc2.com/tb.php/20-5bd5acfc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

'07/07/30 明石海峡

【日付】 2007/07/30 【時間】 6:00~13:00
【場所】 明石海峡 【潮】 大潮
【釣法等】 タコテンヤ
サビキ仕掛け
【エサ】 手羽先

【釣果】 マダコ(0.5~2kg)・・・11匹
マルアジ(30cm前後)・・・6匹Dscn2995.jpg
DSCN2991.jpg


今回は子供抜きで、超本気モードだけど179の釣り船釣行。
釣り船鍵庄」で、一年ぶりのリベンジだ!
鍵庄さんは船が大きく、女性専用トイレも完備なので、安心、快適291

本日の狙いは352タコマルアジ。今年はタコが好調でアジが不調らしい。

朝5時45分に明石浦漁港に集合し席決めの抽選・・・と思ったら30分少し過ぎただけなのに、すでに船に人が乗り込んでいる。くじは?262お客が少なくてゆったり座れるからまぁいいっか。出港は6時過ぎ。

船長さんが「最初はタコね~」というので、
鶏の手羽先を縛りつけて用意していたタコテンヤ(エサは自分で用意しなくても良かったみたい)を竿に付けて準備万端!と思ったら、船長さんに「スピニングリールはぶっ壊れるで~~」と言われ、PEラインの両軸リールを貸していただきました。竿にセットして今度こそ準備完了。

明石のサティが見えるあたりまで船で移動し、釣り開始~(水深5m前後)

タコの釣り方!周りの様子と船長さんの指導を総合すると、こんな感じ。
  1. タコテンヤを底まで落とす。潮の流れが速いので、オモリは40号を使用。
  2. ひたすら海底をコツコツと叩くように竿を小さく振って誘いをかける。(テンヤは海底からあまり離さない)
  3. アタリが来たら(突然竿にずっしりとした重みがかかる)、思いっきり合わせる。(最初に重くなったところでは、タコには針が掛かっていないそうだ。旦那がタコをバラす度に船長さんの指導が入って、次はがんばって!との励ましが(^m^) )
  4. そして、ひたすらリールを巻いてタコを釣り上げる。(重たいけど嬉しい68
コンコンと竿を振るテンポは人によってまちまちだ。一番良くタコを釣っている人を観察していると、小刻みにテンポよく竿を振っている。マネしようとしたが、結構シンドイ263。最初はがんばるが、テンポがだんだんゆっくりになっていく。
STCN0005.jpg「タコスルー エサ巻きタイプ (オモリ40号)」+塩ビのミニタコ
周りも旦那もタコを釣っているのに、なぜか私には最初のアタリがなかなか来ない・・・。仕掛け?竿の振り方?何?とキョロキョロじたばたしたが、何度か移動したところでやっと私にも待望のアタリがきた!!
大小様々なタコが釣れたが、2kgクラスになると、リールが巻けないくらい重たい。イイダコクラスの小さいものはリリースした。タコが釣れ出すと、振り方がどうとかいう問題ではなく、そこにタコがいなかったから(きっと名人は違う)。それとも、隣の人が疲れてあまり竿を振らなくなったから?

何度も移動を繰り返し、11時頃までタコ釣りをした。最終的にタコは、旦那が3523523523523525匹、私が3523523523523523526匹釣った。船長さんは「初めてにしては良く釣れた」と言ってくれた。ちなみに、名人は30匹釣ったそうだ。352タコの道も奥が深い。

「次はアジを釣るから、仕掛けを変えといて」と船長さん、そして明石海峡大橋を潜り垂水辺りまで移動(水深30~40m)。

前日、釣具店でビビビッと感じて買ったピンクスキンのサビキ仕掛けを付けて待機。(行ったお店がたまたまそうだったのか、船用のアジ仕掛けにピンクスキンって少ない?)

アジを釣り始めると、すぐにアタリがきた。最初に1匹、次はダブル。しばらくして釣れなくなったらまた移動・・・。周りでもピンクスキンがいいようだ。
旦那は、サバ皮の光る白い仕掛けで釣っていたが全くアタリがなかった。そこで、いつもの大サバ用に使っているピンクスキンの仕掛けに変えた。するとアタリはあったが、バラシ・・・。
結局、釣れたのはピンクスキン仕掛けだけだった。合計6匹釣れた(うち5匹は私319)。
今回使用した仕掛けはハリスが4号だったが、本当は1.5号くらいがいいらしい。ここ(明石海峡)では、3号以上はサバ用だって。

「もう少し行こうか~」と船長もずいぶん粘ってくれたけど、後半はあまり釣れなくなった。時計が13時半を回った頃、終了~ということで納竿。アジュール舞子や大蔵海岸を海から眺めながら明石浦漁港へと帰った。

早朝から大変だったが、ほどよく釣れて楽しかった。

しかし、帰宅してからのタコやアジの処理がもっと大変だった。夫婦で船釣りに行くもんじゃないっていうのか、今回の教訓かも。捌いて、茹でて、配って、干して、冷凍して・・・・大変330
Dscn2997.jpg 我が家のイカナゴのくぎ煮作りに使っている大カゴに入った巨大タコ

Dscn3001.jpg 見よう見まねで干しタコにも挑戦!

次の日(決して2,3日後ではない)、タコ釣りでテンヤ付きの竿をずっとコンコン振っていた為だと思われる左腕の筋肉痛に襲われた(- -;)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://omoitatta.blog67.fc2.com/tb.php/20-5bd5acfc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。