Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'07/04/29 大蔵海岸(東側)

【日付】 2007/04/29 【時間】 15:30~18:00
【場所】 大蔵海岸(東側) 【潮】 中潮
【釣法等】 投げ釣り
胴突仕掛け
ズボ釣り仕掛け
【エサ】 青イソメ
シラサエビ
【釣果】 DSCN2726.jpgガシラ(15cm)・・・1匹
クジメ(12cm、18cm)・・・2匹
ちび(クジメ、ガシラ)・・・多数リリース。

待ちに待った?GW!忙しかった旦那も休みがとれたということで、淡路島に行こうかどうしようかといろいろ考えたが、家でゴロゴロしてたら昼すぎになってしまった(笑)
結局、大蔵海岸にやってきた(淡路島はまた今度ね)。


DSCN2722.jpg天気は快晴で風も弱く、気温も高い。いい陽気だった。いつもの東側に行ってみると、たくさんの釣り人がいた。

さっそくカレイ狙いの仕掛けを遠投した。

海流で少しずつ西へ流されていくが、なんとかなりそうな感じ。
がっ、時間が経っても竿先が「ガンガン!」とくるような大きなアタリはなかった。エサを付け直すつもりで巻いてみるとかわいい11cm前後のクジメ(アイナメ?)がくっついていることが何回かあった(笑)。しかし結局、カレイの姿は見ることはなかった。
エサを購入したお店の情報によると、「花咲きカレイ」はもう終盤らしい。

さらに胴突き仕掛けをちょい投げして投入。

こちらはチビガシラやチビクジメがポツポツ釣れた。
その中でちょっと大きかったガシラやクジメを確保(写真のチビクジメは鈎を飲み込んでしまったため)。

夕方6時ごろにはほとんどの人が帰り始めた。
GWは始まったばかりだし、今日のところはこれくらいにしておいてあげよう(笑)
スポンサーサイト

'07/04/08 大蔵海岸(東側)

【日付】 2007/04/08 【時間】 14:00~17:00
【場所】 大蔵海岸(東側) 【潮】 中潮
【釣法等】 投げ釣り
胴突仕掛け
【エサ】 青イソメ
いただきもの(マムシ???)
【釣果】 DSCN2667.jpgクジメ(16cm前後)・・・2匹(リリース)
チビガシラ・・・2匹(リリース)

結果的にはボウズ?
久しぶりの大蔵海岸・・・というか、海釣り
本日は天気も良く、風もほとんどない釣り日和だった。

さっそく投げ釣り仕掛けと胴突仕掛けで釣り開始291
が、なかなか生命反応がない。
我が家以外にも釣り人はポツポツいた。ガシラや、手のひらサイズくらいのカレイを釣った人も見かけたが、全体的にはあまり釣れていない感じだった。

外海側は潮の流れが早く、投げ釣りの竿先が変な動きしてるなぁ・・・と思ったら大抵は海草に引っかかっている。
投げ直すために仕掛けを巻いていると、散歩中の人などが「何が釣れたかな~?」という期待のまなざしが感じられ、恥ずかしい

ふと置き竿にしていた胴突仕掛けを見ると、断続的なアタリがきているではないか!そっと竿を持って合わせると卵をおなかに抱えたクジメが釣れた319

体長16cmくらいか。でも、この調子じゃ家族分は釣れないだろうなぁ・・・卵でおなかパンパンだし。しばし考えてリリースすることにした。

それからぽつ・・・ぽつ・・・と胴突でクジメをもう1匹、チビガシラを2匹釣った。

投げ仕掛けでも、クジメが1匹釣れた。

所用のため本日は早めの納竿とした。

あまり好調とはいえない釣果だったが、久しぶりに釣りを楽しめた。今度は食べられる魚をお持ち帰りするぞ~

'07/04/02 常磐公園



【日付】
2007/04/02 【時間】 13:50~14:20
【場所】 ときわ公園の釣堀 【潮】
【釣法等】 ウキ釣り 【エサ】 練りえさ
【釣果】 Ca370012.jpgヒブナ・・・14匹


070402_1329~0001.jpg
ときわ公園(山口県宇部市)へ235花見235に出かけた。


公園内を散歩していると、新しく釣堀ができているのを発見!




1人300円(30分)ヒブナ520が釣り放題。
希望すれば2匹まで追加料金100円でお持ち帰りもできる。


Ca370015.jpg

これは試してみなくては!

仕掛けは、短いノベ竿に小さな丸いウキが付いている仕掛けで、2cm角くらいの練りえさが渡された。

Ca370014.jpg私と息子たちの3人でスタート。

適当にエサを丸めて針に付けてもエサばかり取られてしまう。ニジマスの釣堀より難しい。

エサを小さくしてみたり、魚の様子を観察しながら釣っているとだんだんコツがつかめてきた。
  1. エサは小さくする。
  2. ウキが浮いたところで、エサが自重で自然に水底に落ちていくようにする。(エサを自分で竿をゆっくり動かして沈めようなんてしてはいけない。)
  3. エサが落ちてきた!!と慌てて寄ってきたヒブナがエサをつついたら軽く合わせる。(合わせは慌てすぎてもいけないが、ウキが沈むのを待っていても釣れない)
特に2の自然にエサを沈めるというのが大事ではないかと思う。

時間が来ると、放送で貸し竿の番号で終了を知らされた。

釣果は、上の息子が3匹、下の息子が黒子付きで3匹くらいかな、残りが私。

ヒブナをリリースして終了!楽しかった~


※ヒブナとは・・・突然変異で黒い色素を欠き赤変したギンブナである。体長25cmまでなるものもいる。釣堀にいたものは6~7cmくらいだったかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。